ウチの子の乳児湿疹~ステロイド編~

ホンネ

さて前回の乳児湿疹ホンネトーク第2弾です!

 

今回はステロイドの事などを詳しく説明していく予定なんですが、その前に。
今のウタがどうなってるのか知りたくないですか?!

いくらステロイドを使いたくないからって良くなってなかったら意味ないですよね。

 

じゃじゃーーん♪

 

ツヤツヤ✨✨
モザイクかけるのが勿体無いくらい可愛すぎる💕

 

さぁ、分かりやすくビフォーアフターしてみましょう!

左頬のビフォーアフター。
上が最新の状態。下が酷いとき(これでも当時は軽い方だった)

これは左足。
上が酷いとき(真ん中あたりがパックリ割れてます)。
下が最新の状態。
まだ乾燥肌は残ってるけど、だいぶキレイになりました!
何より触り心地が全然違くて今までゾウ足みたいだったのがスベっとしてて感動!

 

ここまで改善するのに約半年かかってるけど、ステロイドを使わなくてもちゃんと治るんです。

 

ステロイドが悪だとは思ってないけど、本当に必要なものなのかどうか見極めることが大事です。
それはステロイドに限らずどの薬でもね。

 

前にも言ったけど、ウタの場合はステロイドを使って良くなったところで根本を解決しないと
繰り返したりすると思ったから使わなかったっていうね。
病院としては、ステロイドを使って赤み+痒みを抑えて、子どもが触ったりしないようにすることで
早期治療を目指している訳で、それも分かるんだけどねー。

 

 

乳児湿疹にステロイドを使わなくても大丈夫と分かったところで、
前回お伝えした通りステロイドの勉強をしましょう(*˘︶˘*)

 

 

ステロイドとは              

 

参考画像:Fotolia

副腎から作られる副腎皮質ホルモンのこと。
副腎っていうのは腎臓の上にちょこっと乗っかってる小さい臓器のことです。
ステロイドホルモンを薬として使用すると、体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする作用があり、さまざまな疾患の治療に使われています。
ですが、副作用も多いため、注意が必要な薬です。

 

副腎皮質ホルモンにはアルドステロン・コルチゾール・アンドロゲンの3種類があります。
この3種類をまとめてステロイドホルモンといいます。

細かく言うと副腎にはもう一つ副腎髄質っていう部分があってここもホルモンを出してるんだけど、ココは今は知らなくても大丈夫だからまた今度。

 

さっき言った3種類の役割を細かく説明していきますね。
これが分かるとステロイドの副作用が起こる理由が分かるので^^

 

副腎皮質ホルモンについて            

 

アルドステロン

体内のナトリウム・カリウム・水分を調節する働きがあります。
どうやって調節しているかというと、腎臓にある集合管からナトリウムを血中に戻してもらうんです。

ナトリウムは簡単に言うと塩分のことなので、血中に戻すと血圧が上がります。
また、ナトリウムが血中に戻ってくる時に水を引き連れてくるので循環血漿量が増えます。

血漿っていうのは、血中の水分やたんぱく質などの事をいいます。
分かりやすく言うと、赤血球とか白血球とかの主要キャラを抜いた残りの部分。

このサブキャラ(血漿)が血中に増えるとむくみの原因になります。

 

コルチゾール

生命維持に欠かせないホルモン!
働きは以下の通り⬇

  • 代謝に対する作用(糖質・蛋白質・脂質代謝に対する調整作用)
  • 精神や神経系に対する作用(興奮性を高める)
  • 水・電解質・血圧を調整する作用(腎臓からの水分排泄を促進)
  • 免疫機能調整作用(免疫反応を抑制して抗炎症作用を示す)
  • 骨代謝に対する作用

コルチゾールは脳や身体がストレスを感じた時にも分泌されるため、ストレスホルモンとも言われます。
一般的には早朝に多く分泌され、夜になるにつれ少なくなっていきます。

 

朝、会社行きたくないもんねー
朝、起きたくないもんねー
夜、家に帰れると思うとホッとするよねー

家に帰るのもストレスな人は一日中出てるかもw

 

アンドロゲン

男性ホルモンの一つ。
男性の場合は精巣から、女性の場合は卵巣から分泌されますが、副腎皮質からも分泌されます。

アンドロゲンの働きは以下の通り⬇

  • 男性化作用(生殖器の発育や機能維持)
  • 第二次性徴(脇毛や恥毛の発生)

 

副腎アンドロゲンは、末梢でテストステロン(男性ホルモン)やエストロゲン(女性ホルモン)に
変換されて作用します。
ただし、副腎から分泌されるアンドロゲンは、精巣から分泌されるものの約20%程度の男性化作用です。

 

参考文献:Medical Note 副腎はどんな働きをしているの?その機能を徹底解説!

 

以上3種類のステロイドホルモンについて説明しました。
それぞれのホルモンの作用をみて分かる通り、これがそのままステロイド薬の副作用になります。

 

内服薬と軟膏の効果の違い              

 

塗るか飲むかの違いだけではなく、副作用の出方も違います。
さっき説明したステロイドホルモンの働きは内服薬の場合に出やすいです。

軟膏だったら絶対出ないとは言わないけど、出にくいとされています。
なんでかって言うと、軟膏は局所的な作用が強いので塗った所に強く作用が出ます。
でも塗って終わりじゃなくて、患部に効いた後は血流に乗って身体の外に排出されます。
だから、全身に副作用が絶対出ないとは言い切れない訳です。

軟膏の副作用のメインは

・皮膚が薄紙のようにペラペラになってくる皮膚萎縮
・皮膚の毛細血管が浮いてきて赤くなってくる毛細血管拡張
・毛が濃くなって産毛が目立つ
・皮膚の免疫抵抗力の減退による真菌感染、毛嚢炎(ニキビ)、ヘルペスなどの種々の感染症

などなど

参考文献:日経トレンディネット 治らない?ステロイドは怖い?アトピー性皮膚炎と治療【前編】

 

 

ステロイドのよくあるウワサ          

 

ステロイドの副作用でよく聞くのは

身体に蓄積する、やめられないとか。

身体に蓄積するのはステロイドに限らずどの薬でもありえる事で、主に腎機能が弱っている人に見られやすいです。
例えば、腎不全とか糖尿病の人とか。
高齢者とか。
調べてないけど、赤ちゃんも身体の機能が未熟だからうまく代謝できなかったりすることがあるかも。
健康な人だったら蓄積することはほとんどないと思う。

 

あと、やめられないね。
かっぱえびせんじゃないんだからw

ステロイド薬を使うと症状はかなり良くなります。
良くなってきたら止めると症状が悪化する⇒ステロイド使う⇒良くなる⇒悪化⇒ステロイド

これの繰り返し。
よくあるやつ。

調べてみたところ、一度良くなった症状がステロイドを止めたことで再燃するのは、体質によるものらしいです。
つまり、表面上は良くなったけどもともとの原因が解決してないからステロイドを止めると悪化するわけです。

 

やっぱり、体質。
ステロイドを使う前に何が原因でその状態になってるのか分からないとダメなんです。
闇雲に塗ればいいってもんじゃないんです。

 

ちょっとずれるけどはたらく細胞っていうマンガ知ってる?!
身体の中の働きをマンガで分かりやすく書いてあるんだけど、めっちゃおもしろいから是非見て欲しい!!

ステロイドのことも説明されてて、

 

 

これステロイドw
ナウシカの巨神兵みたいに描かれてますw

 

本当にそうかは知らないけど、強烈な存在ってことですw

話を戻すね。
ちなみに…

悪化=ステロイドの離脱症状じゃないよ?

離脱症状っていうのは、元の症状が悪化することじゃなくて
長期間に渡ってステロイドを使ってたから自力でステロイドを作る機能が弱ってしまったが為に

倦怠感、関節痛、筋肉痛、 食欲不振、悪心、低
血圧、ショック、低血糖,嘔吐,下痢,発熱・・・

などが現れた状態のことをいいます。

 

ステロイド軟膏の種類            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと画像が荒いけど、ステロイド軟膏というとザッとこの位あります。

乳幼児は主に写真中央から下の軟膏(ロコイド、キンダベートetc)が使われることが多いです。
ウタに出されたのはどれだったかなぁ…
ロコイドにワセリンとかを混ぜたやつだったような…

 

あ、そうそう。
子どもにステロイド軟膏が処方される時は、ワセリンとかプロペトとかと混ぜて処方されることがほとんどです。
薬剤師さん曰く、ステロイドは極々わずかしか入ってなくて99%以上ワセリンなんだそう。

だからステロイドの影響はほとんど出ないっていうことらしい。

 

よくこういう容器にラベルがついて処方されます。

 

ステロイド軟膏の正しい塗り方          

あー、やっとココまできた。
ココまで来るのに何日かかったか……w

 

早く終わらせてナギを迎えに行かなきゃ!←リアルw

 

【塗り方】

1、塗る前に手を洗い、水分が残らないようによく手をふきます。
(水分によるチューブ内の細菌汚染を予防します
2、指に薬を適量しぼり出します。

3、患部に薬を少しずついくつかに分けてのせます
4、薬を指の腹で、患部だけにまんべんなく伸ばします。塗り込まないよう注意する。
5、ぬった後は必ず手を洗います。
(患部以外にステロイドが付くのを防ぐことができ副作用を予防します)

 

塗る順番は、
ハンドクリームとか保湿クリームと一緒に塗る時はそっちを始めに塗ってから、ステロイドを塗る。
複数のステロイド軟膏を使い分ける時は、効果の弱いものから塗り始める。

参考文献:maruho 外用薬の上手な使い方姫路聖マリア病院 ステロイドの塗り方

 

以上!!!

お疲れ様でした!!

 

 

次回は

ウタの最終的な治療方法(豊受クリニックに行ったこととか)
治っていく経過
赤ちゃんの肌の構造

などを載せていきます!

 

既存のブログも随時情報を更新したりしていくので、見てみてくださいね✨
ではまたー✨✨

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホンネ
ウチの子の乳児湿疹ホンネトーーーーーーーク!

なんて久しぶりのブログ!!! 毎日猛暑続きですが、皆さん体調は大丈夫ですか?? 私は暑すぎて保育園の …

ホンネ
乳児湿疹はステロイドを塗らないと治らないなんてウソだ!!

お久しぶりです! 昨日は季節はずれの雪にびっくりしましたね!!   そんな雪の中私はどこに …

ホンネ
2児の母だって自由に遊びたい!

こんにちは! またまたお久しぶりな投稿になってしましましたが 今日は女子に戻る日ということで書いてい …